お知らせNEWS

世界一大きな授業2018 授業報告

学校生活2018.09.13
 昨年度に引き続き、本校中学生が「世界一大きな授業」に参加しました。「世界一大きな授業」とは、国連が推奨する「SDGs」の項目について、~質の高い教育をみんなに~をもとに期間限定・世界共通で授業するものです。今年は日本では583校のべ5万1188人が参加しました。

 本校では、昨年中学1年次に参加した難関進学クラスの生徒たちがクラス替えを経て、1学期に新しいメンバーと共に授業に参加。個人の課題を探求した上で、グループ活動を通して意見交換と発表に挑戦しました。生徒の授業後の感想も大変充実したものでした。8月下旬には事務局からの報告レポートも送付されましたので、本校国語科メディアに生徒のミニポスターと共に掲示中です。
 
生徒からの授業後の感想を一部お伝えします。
私は昨年「平和と共生」について調べました。平和と共生を選んだ理由は、自分にとても身近で調べてみたいと思ったからです。今年調べた「海の豊かさを守ろう」では、海の環境と魚の生態を主に調べました。今回調べてわかったことは、平和と環境は密接に関係しているということです。環境がよい状態で保たれていることで私たちは安全に暮らしているのだと実感しました。今回学んだことを生かして生活していきたいです。(森田愛唯さん)
(担当 国語科 巻島美奈子)

 

 
INDEXページに戻る
  • 私立中高フェスタバナーbnr_234x60.jpg
  • banner02.png
  • banner05.png
  • banner01.png
  • banner04.png
  • banner12.png
  • banner11.png
  • ビジョンブック_バナー.jpg
  • gakko_jikohyoka_H29_バナー.jpg
  • banner08.png
  • banner07.png
  • banner03.png
  • banner_n02.png

TOP