学びの心で世界を変える。I CHANGE THE WORLD IN THE STUDY OF THE MIND

「学びの心で世界を変える。」これは2014年秋に、創立100周年に向けて発信した教育宣言です。
何事にも真剣に向き合って、どんどん挑戦していく心や、色々なことに目を向けて探究していく心。
この場所で一緒に磨いていくのは、そんな”学ぶため”の心です。
自分自身の中にある価値観という”世界”を変え、これから飛び出していくグローバルな”世界”を変える。
そのような人材を育ててきます。

卒業生インタビュー 旭 海太郎

勉強も部活も思いっきりできる学校
― どのように受験勉強をしましたか?
高校3年7月の部活引退後から受験勉強を始めたのですが、先生方や友人のサポートのおかげで最後まであきらめずに勉強に取り組むことができました。

― 教科エリア型校舎の良かったところは何ですか?
メディアセンターでは教科ごとにさまざまな展示や資料を見ることができるので、自然と各教科への興味を持てました。 また、移動するときに多くの先輩や後輩との挨拶や会話が増えました。それによってコミュニケーション力が身についたと思っています。

卒業生インタビュー 渡辺 悠太

時間を管理する力が身につく
― 教科エリア型校舎はどうでしたか?
授業ごとに移動をする教科エリア型校舎では、時間の管理が大切でした。自分をマネジメントすることは、受験計画にも役に立ちました。

― どのようにして志望校を決めましたか?
鶴大附属で行われる進路に関する取り組みを通して決めました。最も良かったのはキャンパス見学会です。見学会でさまざまな大学を一度に比べることで、自分の希望や興味に合う大学を見つけることができました。
また、教科メディアや学校行事などで普段から自分の興味を知ることができたのも、志望校決定に役立ったのだと思います。

卒業生インタビュー 朝倉 佳代子

自分のペースを作って受験に挑戦
― どのように受験勉強をしましたか?
学校の授業をしっかり受けることが、一番の受験対策でした。長期休み中には学校の講習に参加し、気持ちが途切れないように気をつけました。

― 将来の夢は何ですか?
前から司法書士になりたいと思っていましたが、最近は欲が出てきて、司法試験も受けてみたいと思うようになりました。鶴大附属で「小さな目標を立てれば必ず達成できる!」ということを経験できたからだと思います。

卒業生インタビュー 阿部 一輝

先生の添削で英語を磨く
― どのように受験勉強をしましたか?
英語は、最後まで先生に添削してもらいました。先生が親身になって対策してくれたおかげで、自信を持って高いレベルの大学に挑戦できたのだと思います。

― 鶴大附属はどんな学校ですか?
親身に話を聞いてくれる先生が多いことが鶴大附属の魅力です。勉強の相談はもちろん、将来の夢や普段の悩みも丁寧に聞いてくれて、アドバイスもしてくれました。なので、毎日前向きに勉強を続けることができました。

卒業生インタビュー 寶井 美紅

落ち着いた学習環境
― 鶴大附属の魅力は?
鶴大附属では禅の教えに基づき、朝は黙念から始まります。心を落ち着かせて1日が始まるので、気持ちを引き締めて授業に臨むことができました。

― 教科エリア型校舎はどうでしたか?
授業ごとに教室を移動するので、心も体もリフレッシュした状態で授業に向かえました。また、次の授業に間に合うように教室を移動することで、5分前行動を心がけたり、事前に授業の準備をするなど、主体的に授業に向かう姿勢が身につきました。

卒業生インタビュー 安藤 有香

学校の講習で実力をつける
― 鶴大附属での勉強はどうでしたか?
長期休みの講習に積極的に参加しました。自分の実力を確かめ、定着していない範囲をはっきりさせることで、自分の弱点を把握し、補強することができました。

― 受験生に向けてメッセージをお願いします。
鶴大附属で、私は先生や友達にさまざまな面で支えてもらったと思っています。そのおかげで最後まであきらめずに勉強し、希望の大学に合格することができました。ぜひ鶴大附属に来て、たくさんの人に出会って、自分の希望をかなえてほしいです。
INDEXページに戻る
  • syokuin201704_tsurumi.jpg
  • banner02.png
  • banner05.png
  • banner01.png
  • banner04.png
  • banner12.png
  • banner11.png
  • jikohyouka201705_tsurumi.png
  • banner08.png
  • banner07.png
  • banner03.png
  • banner_n02.png
  • banner06.png
  • banner18.png

TOP